▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電を使用して電気を売って利益になるということはあまりありませんが、場合によっては利益を出すことが出来ます。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。太陽光発電を設置する時に余裕のあるシステムを搭載しておくことで、買電と売電の差が0円となることはよくあります。
今の固定買取制度の売電単価から考えてみますと、買いと売りが逆転しているので儲けを出すことが出来るのです。

 

電池モジュールを搭載していることから、毎月最低これだけの儲けが見込めるという計算は確かに出来ます。
ただし天候で大きな差が出てきますし、生活環境によってもそれは変わってくるのです。世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。



▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケースブログ:2022/11/20

誰でもできる簡単減量として
一時期話題になった7時バナナ減量ですが…
落とし穴があるって知ってましたか?

7時バナナ減量は
多くの人が実践しているようですが、
成功した人もいれば、失敗したという人もいます。

7時バナナ減量で失敗した人は、
落とし穴をちゃんと理解していなかったんだと思います。

簡単で安上がりな7時バナナ減量の
落とし穴といわれているのが、バナナに飽きちゃうという点です。

実際、
7時バナナ減量を実践した人ならわかると思いますが、
日々7時バナナを食べ続けるのって、
意外と苦痛なんですよね。

そうなるとだんだんバナナを食べなくなって、
減量を挫折してしまうという結果に…

もう一つの7時バナナ減量の落とし穴は…
バナナってウエストの持ちが良い感じもするんですけど、
実際は消化が早いので、
すぐにウエストがすいてしまうという点です。

7時バナナと水だけだと、昼食まで持たないので、
意思が弱い人なんかは、つい間食をしてしまうなんていうことに…
そうなるとせっかくの減量効果も
台無しになってしまいます。

もし空腹を我慢できてもストレスとなってしまい、
反動でお昼に食べ過ぎちゃうなんて事にもなりかねません。
これこそが、7時バナナ減量の落とし穴といえますね。

やっぱりいくら簡単でも、
同じ食品を食べ続ける食事制限の減量って、
継続することが難しいという落とし穴がつきもののようです。

よほど強い意志を持って取り組まないと、
7時バナナ減量で成功できないかもしれませんね。