▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える

▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える


▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える
最近では太陽光発電システムjを自宅ではない場所へ設置し発電をしている人が多くいます。
これはつまり売電だけを目的とした投資となり、長期的に収益を出していくこととなります。補助金や価格競争などといったことから、太陽光発電導入時の金額負担が非常に低下してきています。
一昔前は200万円代でしたが現在は150万円前後が主流となっており、投資としては効果的なのです。

太陽光発電は設置をした時の売電価格がその後における売電価格になります。
現在ではその売電価格が従来よりも高めに設定されていますので、投資と考えた時のメリットが高くなっているのです。太陽エネルギーってそこまで大きな電気を作ることが出来ないのではないか?と疑問に思われている人もいることでしょう。
確かに莫大な量とは言えませんが、太陽光発電でしたら支障が無いほどの安定した電気を作ることが出来るのです。




▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考えるブログ:2022/11/22

みなさんは
父親とキャッチボールをした経験はありますか?

まだプレイステーションもDSも無かった時代、
子どもの遊び場と言えば公園や空き地であり、
サッカーもそれほど人気がなく、
仲間が集まれば、始まるのはいつも野球でした。

そして、
週末の父親とのキャッチボールは格別のものでした。

父親の投げる球は、
子どものそれとは違い、ズシンとグラブに響きます。

そして、どんなに速い球を投げても、
また、ちょっとくらいヘマをしても、
難なくさばかれてしまいます。

蝉時雨の中、夏の公園で汗だくになりながら、
あるいは、秋の夕風が吹き抜ける路地で白いボールが見えなくなるまで
父親と子どものキャッチボールは続いたものです。

思えば、
いつからそんな遊びをしなくなってしまったのでしょう?

俗に言う不倫という事件を契機に、
家族の元を離れて行ったオレの父親…

父親の不倫によって、
他人には到底想像も出来ないような苦しみを味わった
お母さんとお姉さんは、
父親のことを散々憎みましたが、
最近ようやく心穏やかに暮らせるようになったと言います。

そして、たとえ家族の元にもう戻らなくても、
別の場所で幸せに暮らして欲しいと願えるようになったと…

お母さんとお姉さんが苦しみの中にあった時、
能天気に留学生活を送っていたオレには、実体験が無いせいか、
不思議に父親に対する憎悪の念はありません。

むしろ、早く悔い改めて
かつての父親に立ち帰って欲しいと願っています。

オレ達親子は
二度とこの地上でキャッチボールをするということは無いでしょう。

しかし、
たとえこの地上において家族として共に集うことが出来なくとも、
せめて天国で
父親に再会できればと祈らずにはいられません。
▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える

▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える

★メニュー

▲お役立ち情報/太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
▲お役立ち情報/太陽電池を利用して発電する太陽光発電
▲お役立ち情報/太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
▲お役立ち情報/優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
▲お役立ち情報/投資として太陽光発電を考える
▲お役立ち情報/訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
▲お役立ち情報/国が実施している太陽光発電の普及支援
▲お役立ち情報/気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
▲お役立ち情報/最近になって太陽光発電の設置費用が低下
▲お役立ち情報/助成金について自分の自治体に確認をしておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報についての勉強ステーション